2016/05/12

kindleライブラリー

kindleライブラリーの外部出力ができないので力技で出してみました。
こんなにコミック買ってました。hontoもある時期まで使ってたのでまだまだあります。
ココログとかで出力できれば便利なんだけど。

続きを読む "kindleライブラリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/24

from everywhere

真綾の長編エッセイが届いたので早速読みました。
なんかじんわり来るね。自分もいったことがある場所が多かった。
深夜特急ほどドラマチックな出来事が多いわけでもないけど節々でシンクロして涙腺が緩みました。
上手いとはまた別のベクトルのこの文章がいいんだな、きっと。
ヤマガタくん羨まし過ぎて憤死。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/06

リニューアル

ダヴィンチがリニューアルなんですが表紙だけでも即買いです。
51w8lqadyxl__ss500_


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/14

スガ鹿男あをよろし

ドラマ始まる前に何とか読もうと思っていた鹿男を読みました。
読んでて、鹿男いわくの野性的魚眼美少女堀田さんは多部未華子しか考えられないと思っていたらキャスト見て吹いた。

ガリレオのときみたいに相方を女性に変えるのはちょっとなー。かりんとう兄弟が見たかったのにー。
脳内藤原君はえなりかずき・・・。マドンナさんは・・・個性的ですね・・

主要キャストに鹿がいます。

小川孝信 … 玉木 宏

藤原道子 … 綾瀬はるか

堀田イト … 多部未華子

長岡美栄 … 柴本 幸


溝口昭夫 … 篠井英介
前村さおり … キムラ緑子
名取良一 … 酒井敏也
福原房江 … 鷲尾真知子
大津 守 … 田山涼成

原 和歌子 … 川辺菜月
佐倉雅代 … 藤井美菜
吉野 綾 … 東 亜優
西尾京子 … 江頭由衣

鹿

福原重久 … 佐々木蔵之介

小治田史明 … 児玉 清

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/12

忘れられない花のいろ 

うゎぁぁぁぁぁ......

青山行ってくるわ、今から・・・(ぇ
誰かください・・・特別版だけでも・・・

『忘れられない花のいろ 麻生久美子のペルシャ紀行』(P-Vine Books)刊行記念
麻生久美子さん クリスマス握手会

20071222_aso_sp


続きを読む "忘れられない花のいろ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

忘れてた本を買ったら

  |l、{   j} /,,ィ//|    
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |    
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.    
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.   
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ. 
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
< 『10年ちかく同じイラストレーターだったのに
 |  最終巻になって降板していた!』
 | 催眠術だとか夢を見てただとか
 | そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
 \____________________


あー、超ショック。
聖刻群龍伝 龍攘の刻 4買ったら絵が違った。
藤井英俊さん凄い好きなイラストレーターだったのにー。
せめて章が変わってから代わってくれれば・・・。ジハード以来のショック。
最近こんな感じでイラストレーター代わるの多い。簡便してください。解説

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/08

めがさけびます

EYE SCREAM 7月号
香椎さんが超絶やばかったので衝動買い。後悔はしていない。中身は想像以上でした。
はぁはぁ。
Yu_kashii_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

アイディ

坂本真綾のエッセイ集「アイディ。」が本日ようやく到着しました。
DSCF0003
住所変更の影響で大幅に配送が遅れたため、多くの反響を聞いた後の読書となりました。

評判どおり、いやそれ以上の感動と衝撃で息が止まりそうになった。
坂本真綾とは同じ年齢で、ほぼ同じ長さの人生を生きてきている。
だけど僕はこんなにも誠実に人生を生きれたかな、とおもう。
昔を思い出しても輝いていた自分なんて見つからないし思い出せない。
この本には8歳の真綾から25歳の真綾までが詰まっている。
書かれているエピソードはそれらの時期の一部でしかないのだけど確かに詰まっている、上手く言えないけど。
彼女のように伝えることが上手だったらいいのに。

思わず長文になってしまいましたが、「グループこまどり」のエピソードは特に好きです。
まるで自分がこまどりの一員だったかのようにその劇団が無くなったことが切なくなった。

ids08
無くなってしまう稽古場で真綾は何を見ていたんだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

猫村×白石

今月のダヴィンチ。
きょうの猫村さん」すりすり大特集。

・・・すりすり(*´д`*)ハァハァ

すりすりだけではないのです。「生協の白石さん」とコラボしてます!
質問5の白石さんの回答に感心しました。是非ごらんあれ。
neko_v

あとは一青窈の対談も面白いし、博士の愛した数式関係もページが多く割かれていてとてもお得。
あぁ、蟲師も特集されてた。実写化ってまぢかしら。今月号は豊作豊作♪

蟲師実写化ソース
・・・こんな前から情報出てたのか。主演オダギリジョーは比較的良い人選では?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

ヒルベルトエフェクト

ダヴィンチ一月号
 ふむふむのヒトトキ の一青窈の服装。

humu1

こんなの。素敵。

ゲストである保江邦夫教授のテレポーテーションについての話が儚くて。
テレポートできるのは物体ではなく、状態、であるらしい。
今日の僕と明日の僕は物体としては別人であるがどちらも僕。
テレポートで飛んでいった残りかすこそが真の自分自身ということですね。
エリア51話も面白い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧